サイトメニュー

認知行動療法が有効です

チェック

うつ病が原因の可能性

身体醜形障害は体や顔などの容姿に、強いコンプレックスがあり、自分が醜いと感じる病気です。男女共に罹る可能性のある病気ですが、容姿を気にする思春期から、青年期に発症をすることが多いです。身体醜形障害は鏡を見る時間や、化粧やヘアスタイリングに異常に時間が掛かったり、マスクや帽子、サングラスをしないと外出が出来なくなったりすることもあります。症状が悪化すると人と会ったり、電話をしたりするのを避けるようになり、家に引きこもってしまうこともあります。身体醜形障害は放置をしても良くなることは少ないため、早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して、診察やカウンセリング、うつチェックなどを受けることが大事です。身体醜形障害は不安神経症や、うつ病などの疾患がある人は、罹りやすい傾向があります。精神神経科の病院やクリニックでは、うつチェックが受けられるので、まずは不安や悩みなどを聞いてもらいましょう。比較的症状が軽い場合は、カウンセリングなどの精神療法や、考え方や行動を改めるための認知行動療法などが大変有効です。人によって治療期間が長引く場合もありますが、うつ病や不安神経症などの病気が良くなってくると、改善することも多いです。誰でも多少は容姿にコンプレックスを持っていますが、身体醜形障害は日常生活に支障をきたしてしまったり、美容整形を繰り返したりする場合もあります。美容整形を受けても満足できることは少ないため、なるべくしないほうが良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックを選ぶ時は、カウンセリングに時間を掛けてくれる所がお勧めです。身体醜形障害は自分の容姿が醜いと感じてしまう、心の病気のひとつです。発症のきっかけは、友人や兄弟姉妹から、容姿のことでからかわれたり、両親からの愛情不足だったりの過去のトラウマなども発症の原因になります。身体醜形障害はうつ病や不安神経症などの、病気が隠れていることが多いため、精神神経科の病院やクリニックを受診して、うつチェックを受けて下さい。うつ病に罹ると脳のセロトニンが不足して、憂鬱な気分が長く続いたり、自分に価値がないなどのマイナス思考だったりに陥りがちです。抗うつ剤や抗不安薬などの内服薬が大変有効なので、うつチェックを受けて病気が診断されたら、しばらくは根気よく続けることが大事です。身体醜形障害は認知の歪みなどが生じているため、周囲の人は醜いと感じていることはないケースがほとんどです。内服薬を服用していると、気分の落ち込みや気力の減退などは、少しずつ回復してきます。認知行動療法やカウンセリングなどの精神療法は大変有効です。身体醜形障害で悩んでいる人は恥ずかしさなどから、受診をするのが遅れがちですが、適切な治療を受けることで改善することが可能です。家族が身体醜形障害で悩んでおり、リストカットやアームカットなどの自傷行為をしたり、家にこもりがちだったりする場合は、説得をして病院やクリニックを受診させることが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、専門的な知識を持った医師が在籍をしているので、安心して通院できる環境が整っています。日常生活に支障をきたしており、悩んでいる人にお勧めです。