サイトメニュー

認知行動療法が有効です

チェック

身体醜形障害は顔や体などの容姿が、醜いと感じており、日常生活に支障をきたす病気です。病気が疑われる場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して、うつチェックを受けましょう。うつ病などの病気が原因の可能性があります。

詳しく見る

早めに治療を開始する

医者

身体醜形障害は誰でもかかる可能性があるのでチェックをして確かめてみましょう。外出ができないなどの背洋上がある場合には早めに治療を開始することが重要です。話がしやすいと思える医師の治療が受けられるようにしましょう。

詳しく見る

自分の容姿が気になる

医者

思春期の若者や年頃の女性の間で増えている心の病気として、身体醜形障害が挙げられます。自分自身の顔や身体のパーツが極端に醜いように感じてしまう病気で、そのような傾向があることを周囲がチェックして気づいてあげることが大切です。

詳しく見る

症状と治療方法を知る

看護師

自分を醜いと感じる

心の病と呼ばれる病気のひとつに身体醜形障害があります。これは特に女性に多い症状とされていますが、自分の姿が醜いと感じ、悩むものが特徴的です。外見の悩みやコンプレックスは誰にでもあるものですが、身体醜形障害の場合はマスクやサングラスで顔を隠す、人前に出るのを嫌がるなど、日常生活にも影響が出てしまうこともあります。そして、こうした症状に悩む人は本当に外見が醜いのかというと、そうではなく平均的な外見である、むしろ、美男美女であることも少なくありません。チェック方法としては、一日に何度も鏡を見る、ヘアスタイルを整えたり、化粧をしたりするのにかなりの時間がかかるなどがあげられます。そして、時には美容整形を何度も繰り返す人もいます。このほかのチェック方法としては鏡が見られない、鏡に映った姿が歪んで見えるなどもあげられます。外見の悩みは人それぞれで、目や鼻など顔の目立つパーツで悩む人もあれば、髪の質や薄さに悩む人もありますし、筋肉のつき方など他人にはあまりわからない部分に悩みを持つ場合もあります。改善のためには身体醜形障害になる原因も知っておきたいところですが、母子関係の悪化やいじめなどの友人関係でのつらい体験などが重なり発症することもあると言われています。さらに不安感や認知の歪みなどが要素となっている可能性もあります。発症年齢は思春期から青年期にかけてが多いとされていますが、より高い年代でも発症することがあると言われています。男女とも発症しますが、女性はより発症が多いとされており、本人には病気である自覚がないことも少なくありません。悩みを解消するために美容整形に踏み切る人もいますがその結果に満足できることは少ないとも言われています。外見お悩みは誰にでもあるものですので、顔やスタイルで悩んでいるからといって、必ずしも病気とは限りません。外見の悩みのために外出できないなど生活に影響が出ている場合は治療も検討したいところです。身体醜形障害のチェック方法はインターネットや書籍などでも確認できますが、より正確な判断をするのであれば心療内科など医師にチェックしてもらうことがおすすめです。病気であると判断されたら、改善のための治療も考えていきましょう。身体醜形障害を改善するためには、その悩みの元となる外見の悩みを解消すれば良いと考える人もあるかもしれません。それゆえ、美容整形を行う人も多くなっていますが、美容整形で美しい外見を手に入れたとしても、身体醜形障害は心の問題ですので、悩みが解消されることは少ないとされています。時には美容医療を繰り返し、外見を崩してしまう可能性もありますので、外科的な治療よりも心の治療を行うことが大事です。身体醜形障害の人は多くがうつの症状を持っていることもあり、治療方法では薬物が使われることも多くなっています。さらに、認知の歪みを改善することも大切ですので、認知行動療法などの心理療法が選ばれることもあります。そして、どちらかだけではなく、薬物による治療や心理療法を合わせて行うこともあります。身体醜形障害は治療を始めたからといって、すぐに改善するわけではありませんので、根気よく治療を続けていくことになります。さらに医師との信頼関係も大切ですので、患者との相性の良い医師を選べるよう、心療内科や精神科の情報はしっかりとチェックしておきましょう。